JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL

[映像作品 / 英国]
[Video work / United Kingdom]
[第19回アート部門新人賞]
©2015 Louis-Jack Horton-Stephens
Gill & Gill
Louis-Jack HORTON-STEPHENS

本作は、碑文彫刻家とロック・クライマー、ともに岩石に関わる専門家の姿から、人間と岩石との関係性を讃え探求する、映像によるエッセイであり、直感的な詩的作品である。石に関わる2人の巨匠、近代碑文彫刻の祖Eric GILL(エリック ジル)と近代ボルダリング(岩壁を登るスポーツ)の祖John GILL(ジョン ジル)に注目する。2人のジルについての語りとともに、カメラは21世紀の後継者たち、碑文彫刻師のRichard KINDERSLEY(リチャード キンダースリー)とイギリスの女性クライマーLucy CREAMER(ルーシー クリーマー)を捉える。彫刻家は清閑な工房で石を彫り、研磨し、クライマーは荒々しい風景のなか孤独に岩を登る。対照的に見えるが、じつは驚くほどよく似た熟練の技を見出すことができる。鑿のみは岩を刻み、手は岩肌を摑む。独特なこの対比から、同じ素材に向き合いながら創造性を共有し、問いを解決していくさまが記録されている。
©2015 Louis-Jack Horton-Stephens

※本作品は1月21日(日)までの展示となります。